天気で感情と運転が変わりやすいそれが日本人‼

目安時間:約 10分

雨の朝は気分が重くなりがちです。

梅雨時の突然の雷雨。今日は外へ

出たくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人は天気で気分が変わり

やすいのかな?

 

私は「雨の日と月曜日は」どうしても気持ちが

重くなるのです。

 

 

シニアの方ならたぶん知っている

カーペンターズの曲に「雨の日と月曜日は」

と言う曲があります。

 

 

その曲はとても良い曲で、雨もたまには

良いかなと感じる曲です。

 

 

ボーカルの カレン カーペンター。

伸びやかで上品さが漂う声。歌も上手で

美人でした。

 

 

彼女が亡くなった時はショックでした。

穏やかで包み込むような声はもう聴けない。

と寂しくなりました。

 

 

雨はやっぱり濡れるので嫌になります。

 

身体だけでなく荷物や貴重品なども

濡れるたら困るし。気分も急降下です。

 

 

雨でテンションが上がる人はまず

聞きませんがそれでも雨の日を走る

自転車は見かけます。

 

 

思わず大丈夫ですか?と声を掛けたく

なります。

 

 

車は快適に目的地へ移動できるが

彼、彼女らは狭い視野の中で懸命に

ペダルをこいでいます。

 

 

彼らに安全に目的地へ到着してほしいと

私は願わずにいられません。

 

 

学生時代、まだ運転免許証がなかった

頃は風雨に負けない気力と体力が

ありました。

 

 

雨の日の運転には特別な注意が必要だと

思います。

 

 

それは歩行者や自転車の動きが見え

づらくなるからです。

 

 

車道は滑りやすく、ワイパーも十分な

仕事はしてくれません。

 

 

フロントガラスをキレイにふき取らない

こともあるからです。

 

 

そんな時、便利なのはフロントガラス

コーティング剤。

 

 

いわゆるガラス撥水材ですね。

 

フロントガラスにガラスコーティング

を施すと雨が水玉になり風圧で

飛び去って行きます。

 

 

種類はシリコーン系、フッ素系と

ありますがシリコーン系は効果が落ちても

再施工が容易で、その上、比較的安価です。

 

 

またフロントガラスを見るとワイパーの

ひっかき傷を発見することがあります。

 

 

シリコーン系はワイパー傷が付き

にくいようです。

 

 

シリコーン系のデメリットとなるのは

効果保持期間が比較的短い。

 

 

効果が切れると油膜の様な状態から

視界不良を起こしやすい。などです。

 

フッ素系は、効果持続時間が

シリコーン系の約3倍ありガラスの水アカ

などが、付着するのを防ぐ効果があります。

 

 

デメリットとしては価格が高い。

シリコーン系より撥水性は低い。

など一長一短です。

 

 

そんな雨の日の運転では、

一つの楽しみがあるのです。

 

 

それは車のボンネットやトランク、

そして屋根などから勢いよく弾く

雨粒を確認できる事です。

 

 

これは車にワックスがしっかり施されて

いるおかげです。

 

 

シニアのみなさんは洗車していますか?

 

 

昔からワックスがけは大変な作業です。

先ず大きな汚れを取る水洗い洗車をします。

 

 

その後、水滴をすべてふき取って

ワックスをかけていました。

 

 

この作業で時間を十分かければ車は

新車のように輝きます。

 

 

若い頃は時間も体力もあり、車をきれいに

する過程は楽しい時間でした。

 

 

その頃を思い出すと洗車、ワックスがけに

2~3時間は当たり前。

半日かける猛者もいましたね。

 

 

シニアは体力不足に時間も惜しい。

でも車はキレイにしておきたい。

 

 

車がキレイだと運転も楽しく、乱暴な

運転を避ける傾向もありますね。

個人差もありますが ( ;∀;)

 

 

ワックスがけをあまりしなくなった、

シニアの方にドライブ前のワックス選び

を紹介したいと思います。

 

 

最初に覚えて欲しいのは、車の色で

ワックスのタイプが変わることです。

 

 

白やクリームなどの淡色系の車に

おすすめは半練りタイプです。

 

 

他の色の車より水アカ、砂の汚れが

目立つ白色系の車に最適です。

 

 

淡色系の車はキズが目立ちにくい

という特色もあります。

 

 

ただし半練りタイプワックスには

コンパウンドという研磨成分が

入っています。

 

 

必要ない方は他のタイプも選べます。

 

 

黒など濃色の車には、ツヤを出す固形タイプ

ワックスがおすすめです。

 

 

キズや汚れが目立ちやすく、お手入れが

大変になる黒色系ボディはツヤがあれば

とても高級感が出ます。

 

 

目立つ色なので固形タイプで深い

ツヤを出すと鏡面のように輝きます。

 

 

シルバーなど最近増えている

メタリック系の車では液体などの

スプレータイプがおすすめです。

 

 

手入れが少なくても見栄えが良い

メタリック系の車ですが、ボディ表面に

クリア層があり、ゴシゴシと強く

クロスで磨くのはいけません。

 

 

スプレータイプで直ぐにふき取れる

ため、時間も短縮になります。

 

 

3つのワックスのタイプを紹介しました。

 

 

最後に、シニアに1番おすすめするのは

時間短縮になるスプレータイプです。

 

 

本来、車の色で選択するが最適です。

時間と体力を考えるとスプレータイプが

シニアに最適でしょう。

 

 

ただし時間短縮する分、持続性は落ちる

ため、そのあたりは車の色と、保管場所

から決めると良いでしょう。

 

 

それでも、ボディ色が黒でツヤを出した

いなら固形ワックス。

 

 

ボディのキズを少しでも目立たなくする

なら半練りワックスです。

 

 

ワックスのお値段は1,000~3,000円

くらいで幅広い選択が可能です。

 

 

車をキレイに乗るときは外回りだけで

終わらず、少し室内を見てみましょう。

 

 

ご自分が運転する運転席、パートナーの

定位置、助手席。

 

 

そして家族が乗る後部座席の足元も

キレイにしておくべきでしょう。

 

 

ガソリンスタンドでは、コイン式

掃除機もあります。

 

 

ゴミとほこりを取り、お気に入りの

芳香剤をセットすれば運転はもっと

楽しくなるでしょう。

 

 

コロナも少しずつ落ち着いてきました。

何処かへ行きたいと思いませんか?

これからは、車で出かける楽しさを

再発見して行きたいですね。

 

 

ブログランキング


ブログランキング参加中!


良かった、面白かったという方は、
ランキングにポチっとしていただけると嬉しいです。



ドライブ日記ランキング


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:車楽

私が管理人の車楽(しゃらく)と申します。
60代になりましたが車好きで音楽好きな私です。
シニア世代ならではの楽しみたいことを発信します。
昭和、平成と定年まで働き続けた方に向けて公開しております。


⇒プロフィール詳細


ブログランキング
最近の投稿
twitter
Facebook page
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
タグ
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
スポンサードリンク

ページの先頭へ