いい男、とまわりからに見られるには?

目安時間:約 8分

スポーツクラブに行くのは健康目的ですか?

それとも何か別の楽しみがあるのですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はコロナ禍で在宅勤務や

オンライン業務が日常化しています。

 

いち早く適応できる若者たちの横で

シニア世代はこの新しい仕事のスタイルに

日々悪戦苦闘していませんか?

 

在宅勤務は仕方ないとして通勤が無い分

身体への負担はじわじわとやってきます。

そして突然腰痛が再発しました。

 

会社へ毎日行ってた時は腰痛も過去の事だったのに‼

 

 

悪化する前にと思い、コロナ禍でも患者が多い          

総合病院は止めることにしました。

 

コロナ禍の感染対策はどの医療機関も厳重に実施していますが

今回、整形の開業医で診察を受けることにしました。

 

レントゲン検査で異常はなく。思い当たるケガもなかった。

 

診察室で医師から「運動してますか?」との

質問に「最近運動はしてません!」

と答えました。

 

医師は「コロナ禍で大変ですが運動もして下さい。

痛み止めを出しておきますから!」

 

痛み止めを貰ってから考えた。「運動して下さい」と言うなら、

せめて「シニアの方はこんな運動が良いですね」

 

とか、「何かできるスポーツをされたら良いです」

 

など、そんな説明を患者には言って欲しいと思いました。

 

街中で比較的年配の患者が多いこの整形Drからは

後は自分で頑張りなさいと言われた気がしました。

 

 

シニアに運動と言ってもジョギング、ランニング

は今更できそうにない。何か手軽にできる運動は、と考え

思いついた。

 

 

まずは民間のスポーツジムより市営や県営のスポーツクラブが

敷居も低くお試しで行こうと思いました。

 

施設に着き先ずは、身長、体重、体脂肪などの項目を測定し

器具やマシンの使い方など一連の説明をスタッフから

一通り聞いてあたりを見渡しました。

 

ここのスポーツクラブは県営のためか比較的料金も安い。

そのため高齢者もちらほら見られました。

 

私は彼らよりより少し若いので、対抗心から

高い負荷の運動や長時間の運動を意識して

やってみました。

 

久しぶりの運動だが、なかなか汗はでない。

その割には疲労感ばかりで身体がどんどん重くなります。

汗があまり出ない不完全燃焼気分のスタートでした。

 

運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが

個人や体質によって得意、不得意があるようです。

 

私はやせ型で筋肉質ではありません。なのでマッチョな方を

見かけると実に羨ましくなります。

私のような痩せ男は筋肉質への憧れは密かに

強く持っているのです。

 

それでもマッチョマンや立派な筋肉の方を観察して見ると

有酸素運動はそれほどしてません。

 

むしろ痩せ気味やアスリート体形の方が

ランニングマシンや自転車を黙々と長時間使用されています。

 

その後も何度かスポーツクラブに通い2~3か月

経った頃にあることに気づいたのです。

 

ただ漠然とジムで筋トレマシンや有酸素マシンを

続けても筋肉がつく変化があるのかと真剣に考えました。

 

 

有酸素運動を毎回すると消費カロリーなど数値の

自己満足にはなります。が、何か求めているものとは違うのでは?

 

そもそもスポーツクラブに来た目的は腰痛対策でした。

腰痛はやはり医師が言った通り運動を継続して気にならなく

なりました。

 

しかし運動する中で何か明確な目標、目指すものが

無ければ自然と飽きてきます。

 

 

ジムの大きな鏡で自分の肉体を見て思いました。

もう少し逞しい身体になれば自信が出るのかもしれない。

筋トレを中心にやってみよう。

 

筋トレをやると決めたが何から始めれば良いか

全くわからない。真剣に筋トレしている若者を真似て

みることにした。

 

やはり人気はダンベルだ。重さも30KGの超ヘビーから

1KGと女性でも使用できそうな重さがある。

 

5KGくらいから始めてみましたが負荷が高い方が効果は出やすい

のではと思い、徐々に増やして8KGで継続することにしました。

 

ダンベルだけでは飽きるので上半身、下半身を鍛える

筋トレマシンを渡り歩いて2か月くらいたった時

大きな鏡の前で上半身、下半身を観察しました。

 

変化はありました。が想像とは違い筋肉は引き締まった

が大きくなっていない。やせ型では筋トレは効果が

あまり出ないのかと思っていました。

 

しかしある日筋肉マッチョマンが透明ボトルをシャカシャカ

振り飲んでいるのを見ました。

ひょっとしてあれがプロテインなんだろうか?

 

椅子に座りプロテインを検索するといろいろありました。

まず原料による分類ではホエイ、がゼイン、ソイが

あり、さらに調べるとタンパク質の1日あたりの

摂取推奨量は男性60g、女性50gなのだと理解しました。

 

食事でタンパク質を摂ればプロテインまで必要ない

と私は今までは思っていました。

 

しかし60歳を超えたあたりから私は少しずつ痩せてきました。

元々やせ型でしたがBMIという体格指数では19.8kg/㎡でした。

18.5kg/㎡以下では低栄養になるそうです。

 

低栄養の原因は大きく分けて「社会的な要因」「精神的な要因」

「加齢による要因」「疾病要因」があります。

 

私の場合痩せた原因は不明です。が、コロナ禍のストレスが

主たる要因かもしれません。ストレスは人それぞれあるものです。

 

いろいろ考えるより先ずはプロテインを試すことにし

今回はタンパク質が豊富で吸収も早いホエイプロテインを飲む

ことにしました。

 

今後筋トレ効果が出てきたら結果報告をしてみたいと思います。

 

また運動を継続する効果として運動が脳の活性を促し知性を鍛える

効果があることも様々な研究で実証されています。

 

腰痛対策から筋トレを始めることにしましたが鏡を見る自分は

いい男に見られたい。そんなことも継続する理由なんだなと

思っています。

 

みまもりCUBEは高齢者のインターネット環境が

ない場所でもコンセントをいれるだけで離れた場所

から映像を確認ができます。

ご両親の様子が心配な方は一度

お試し体験キャンペーンをご利用下さい。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング


ブログランキング参加中!


良かった、面白かったという方は、
ランキングにポチっとしていただけると嬉しいです。



ドライブ日記ランキング


にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

タグ: 

カテゴリ:健康  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:車楽

私が管理人の車楽(しゃらく)と申します。
60代になりましたが車好きで音楽好きな私です。
シニア世代ならではの楽しみたいことを発信します。
昭和、平成と定年まで働き続けた方に向けて公開しております。


⇒プロフィール詳細


ブログランキング
最近の投稿
twitter
Facebook page
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
タグ
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
スポンサードリンク

ページの先頭へ